トークイベント「ファッション?アート?保育士絵描き芸人金子ボボ×パリから帰国!美術家IchikoFunai」

posted in: イベント | 0
ゆいぽーとに現在パリから帰国し滞在制作中のIchikoFunaiさんと、新潟お笑い集団NAMARAの金子ボボさんによる異色トークです。Ichikoさんは7/25~8/23までゆいぽーとで暮らしながら、古町商店街のみなさんの協力をうけ、街で集めたものでコスチュームを作り、顔出しパネルにしたてます。
8/23に古町六番町の街頭で作品発表。ご自身が絵描きでもある金子ボボさんにお相手をお願いしてのトークは、きっとおもしろいものになるはず!Ichikoさんがコロナ禍で制作した作品や古町からの収集物、1日限りの金子ボボさん作品展示コーナーもある工房ギャラリーの中で開催です。
後半は参加者も作品鑑賞しながら、自由にIchikoさん、ボボさんとお話をしていただける会いに行けるアーティストとのひととき。ゆいぽーとでの滞在制作はどういうものか、古町でどんなことが起こるのか、楽しいボボさんの絵はどんな風に飾られるのか、その場を一緒に創りましょう♪
20200808kyaftalk
リーフレットはこちらからダウンロード
日時

8/08(土) 14:30受付開始
15:00~16:00 アーティストトーク/16:00~16:30 参加者も鑑賞しながらフリートーク
【YOUTUBE配信予定。→Facebookページでのライブ配信(アーカイブ)
に変更になりました】
▼配信Facebookページはこちらです。
https://www.facebook.com/hiraganamizutsuchi/

参加費無料
定員定員30名
会場新潟市芸術創造村・国際青少年センター(ゆいぽーと) 工房・ギャラリー
事前申込不要 (Facebookイベント案内はこちら
主催問合せ

KYAF きゃふ
K勝手にYゆいぽーととかAアーツFファンズ ゆいぽーとのアーティストインレジデンス(AIR)が有意義になるようちょっと勝手にお手伝いしたり面白がりたいと活動しています。

090-4399-4566  / ign20050619@gmail.com(イガラシ)

アーティスト  |  IchikoFunai(イチコ フナイ)

1990年大阪生まれ。多摩美術大学映像演劇学科卒業。主に衣服を制作しファッションショー形式で参加者や鑑賞者が体感出来る作品を制作。2011年自らのファッションアートプロジェクト「fifi」始動。以降、各地の芸術祭やAIRに参加。フランス・パリ (2015?)、インド (2017?) など拠点を固定せず活躍中。2018 年「岡本太郎現代美術賞」入選。今回は6月にパリから帰国。7/25~8/23までゆいぽーとにて滞在制作。古町商店街の協力を得てコスチュームを制作し、古町に展示する。

アーティスト・イン・レジデンス「自主活動プログラム2020夏季」参加アーティスト
滞在期間|2020年7月25日(土)~8月23日(日)

ichikosan

アーティスト  |  金子ボボ

1977年新潟県胎内市生まれ。保育士歴10年の経験を活かした新潟の人気お笑い芸人。手作り紙芝居、オリジナルゲーム、手遊びなど子供向けショー、発達障がい、教育イベント、就活セミナー、歌声喫茶など幅広く活躍中。毎日1枚づつ描く色彩豊かな段ボールアートは2020年2,000枚を超え、独特の色彩などで評価されるアーティスト。「水と土の芸術祭2012」ではサポーターズのキャラクター「みずつち坊や」と「ハッチクン」を描き、オリジナルTシャツもできた。

団体  |  有限会社ナマラエンターテイメント

全国初の地方お笑い集団NAMARAです。新潟から笑いを発信します。芸人の出演から、お祭りなどのイベント企画プロデュース、司会、映像制作など幅広くお任せ下さい。とにかく楽しみたい!そんな方に、お笑い、大道芸、マジック、音楽、ダンスなんでもどうぞ!(ホームページより引用)
Print Friendly, PDF & Email
0