開催概要

名称
(仮想)みずとつちの芸術祭2020
基本理念
MANY BRIDGES 可能性をつなげる。掛け合わせる。
~新潟の水と土の芸術祭から、過去と現在(いま)を見つめ、未来を考える~
概要
本当は存在しない芸術祭を、本当に存在するもので組み合わせ、掛け合わせて、あたかも存在しているかのように表現し、新しい形での次の芸術祭の可能性を探る。
メイン会場
新潟市芸術創造村・国際青少年センター(ゆいぽーと)2階水と土の文化ギャラリー(アクセス詳細はこちら
料金/無料
会期/7月18日(土)~9月27日(日)   時間/9:00~21:30
メイン会場休館日/7月27日(月)8月31日(月) ※新型コロナウイルスの感染状況により変更になる可能性があります。

 ごあいさつ

「行政主導から市民主導の芸術祭へ」

水と土の芸術祭2018の閉会の挨拶で語ったこの目標は実現できるのか。それとも夢物語で終わるのか。考えているだけでは何も始まらない。
だから小さくても一歩目を踏み出すことにしました。

総合ディレクター 平岩 史行

|プロフィール|

水と土の芸術祭2018副実行委員長、水と土の芸術祭市民サポーターズ代表、等。新潟市北区在住、会社員。

Print Friendly, PDF & Email
0